ワディ・アルヒタン(鯨の谷)エジプト、西砂漠

weepingredorger

(There are very few sites of Wadi Al-Hitan in Japanese on the net. Therefore I decide to transcribe this post in Japanese letter for Japanes trip, archaeology and whale lovers.)

ワディ・アルヒタン(鯨の谷)野外博物館は、重要な古生物学の場所(カイロの約150kmの南西)です。そこには、最も初期の何百もの古代のクジラや海洋生物の化石が砂の上に展示されています。今では絶滅した種類です。このための2005年7月のユネスコ世界遺産に登録されました。

ここでは、クジラの進化で最も大きなミステリーのひとつの説明と証拠を明らかにしています:前世から地上動物であった鯨が海洋哺乳類として出現した。世界の他のいかなる場所も、このような化石の数、保存状態はありません。

この地域はかなり広いので全て見るには、少なくとも2時間かかります。これから化石の写真を示しますが、私は専門家ではないのでその説明は出来ません。

ノコギリ鮫は自分の鋸でボートの底に穴を開け人を食べます。

エジプト人のガイドはこれが鯨の赤ちゃんの化石だと説明しました。私は今でも良く理解できないのです。

これで私達は鯨の谷を離れワディ・イルラヤンへ向かいました。 この鯨の谷がエジプト旅行で最も楽しく興味深い所でした。

View original post

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s